眼瞼下垂症

城本クリニックの徹底調査

理想の目元を実現するなら、モデルやタレントも多数通う城本クリニック!! 二重術で城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材!

世界最高品質の二重整形 城本クリニック

眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)

眼瞼下垂症は、視野を塞いでしまうほどまぶたが下がってしまう病気です。先天的な異常である場合と後天的な場合があります。

先天的な眼瞼下垂症の大半はまぶたを持ち上げる筋肉(挙筋)の機能障害によるもので、黒目が出ないような重症のケースではなるべく早めに手術で治療を行わないと弱視になってしまう事もあります。手術とは挙筋を短縮させるものです。

スポンサード リンク
眼瞼下垂症のまぶた   通常のまぶた
眼瞼下垂症
 
通常

後天的なケースとしては、重症筋無力症や脳の障害、皮膚弛緩などが原因となります。重症筋無力症の場合、夕方や疲れたときにまぶたが下がってくるようになります。これらのケースでは挙筋の短縮手術よりも原因となっている疾患を治すことが第一です。

一重と二重の比率 <<
スポンサード リンク
  [他カテゴリのオススメ記事]
手掌多汗症
クリスタルピーリング
セルサージュ
背中のにきび
レーザー脱毛
女性ホルモンと乳房
エクサブラ
ワイルドヤム
鼻を高くするプチ整形
ボトックス注射でしわ取り


Copyright (C) 2005-2012 口コミ広場 All Rights Reserved.