ものもらい(麦粒腫)

城本クリニックの徹底調査

理想の目元を実現するなら、モデルやタレントも多数通う城本クリニック!! 二重術で城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材!

世界最高品質の二重整形 城本クリニック

ものもらい(麦粒腫)について

ものもらいって大きなものが出来るとかなり辛いですよね。実はものもらいにもいろいろな種類があります。

一つ目は睫毛の根元が化膿して出来るものです。外麦粒腫といいます。炎症が小さいうちに抗生物質などで治療するとひどくなりませんが、化膿してしまうと切開して膿を出すことになります。

スポンサード リンク

瞼板のマイボーム腺という部分(まぶたの淵)に出来るものを内麦粒腫といいます。これは、マイボーム腺が化膿して瞼の内側に出ることが多いからです。

同じくマイボーム腺に出来るもので痛みの無い慢性的なしこりを霰粒腫(きんりゅうしゅ)といいます。支障が無ければ放置しても良いようですが、切開して取り除く事もあります。

眼瞼下垂症 <<
スポンサード リンク
  [他カテゴリのオススメ記事]
サリチル酸ピーリング
ターボセル
セルサージュ
プチ豊胸(SUB-Q注入法)
陥没乳頭(陥没乳首)
鼻を高くするプチ整形
顔のしわ取り・たるみ解消
ボトックス注射でしわ取り
肌年齢と老化
光老化


Copyright (C) 2005-2012 口コミ広場 All Rights Reserved.